- エロ体験談 官能的なエッチな話告白

童貞の俺がナンパした女の子とエッチした結果、みこすりはんで中出ししちゃった・・【エッチな話告白】

中〇では成績が良かったので

地元の公立高校ではトップの進学校に進みました

そのため、中〇の時仲の良かった連中とは離れてしまった。

そうして高校二年になってすぐの、五月頃、

友達のKと買い物をしようと梅田に行った時のことだ。



「おい、Mやん。久しぶりやな」

急に声をかけられて振り返ると、

中〇の時仲のよかったNとIだった。

たしか男子校に進学はずの二人は髪を染め、

中〇の時とはあきらかに雰囲気が変わってた。

「お、おう。久しぶりやな。何してるん?」

俺は少しとまどいながら答えた。

「お前今から暇?さっきナンパしてんけどお前もこいよ」

確かにNとIの後ろに、

いきなりほっとかれてどうしたらいいか

わかってない様子の女の子が三人いる。
年は俺と同じくらいで、中学の時から

めんくいだった二人がナンパしたらしく、

三人ともなかなかかわいい。

特にショートの目の

くりくりした子はまじ俺好みだった。

「えっどうしょっかな」

いきなりのことに俺が迷ってると、Nが

「お前まだ童貞やろ?たぶんやれんで」

とささやいてきた。

「とりあえず友達に聞いてみるわ」

と言ってKに聞くと、ええでと返事が

返ってきたので一緒に行くことにした。

俺達は近くのジャ○カラと言うカラオケに入った。

Nはなぜか3部屋もとって、

なのに全員同じ部屋に入った。

Nに聞いてもまぁみてろとゆうだけだった。

歌いながら話してると、

女の子達はなんと俺と同じ学校の1年という事がわかった

と言っても俺とKはナンパどころか合コンもしたことがなく、

どうしていいかわからず歌っているだけで、

ほとんど会話に参加できず、歌っているだけだった。

さすがにNとIは場馴れしてるのか、

俺達同様ナンパは初めてという彼女らを上手に

楽しませてるように見えた。

しばらく歌った後、えりって子が

トイレにたつと、Nが後からついて出ていった。

なかなか帰ってこないのでまいが、

見てくると出ていくと、俺もとIが後を追った

残された俺三人はなんとなく

気まずそうにどうしたんだろねとか言いながら

歌い続けた。

残された子は俺が一番好みだった

まゆだったのでなんとか話しかけようとしたが、

こういう場で何を話せばいいかわからなかった。

すぐにNが一人で帰ってきました。

「おい、隣行ってき」

入ってくるなりNは俺に耳うちしました。

「えっ?」

「ええからはよ行ってこいって。」

俺はわけのわからないまま

Nにしたがいました。

隣の部屋のドアを開けると、

ソファの上でえりが上を向いてぽーっと寝ていました。

下半身は裸で上もシャツがまくれて

胸が見えていて、お腹の上には白いものが

飛び散ってます。

それが精液だとは一瞬わかりませんでした。

初めて見る女のあそこに、

俺の息子は一瞬で立ち上がります。

「きゃっ!」

俺に気が付いたえりは、

急にばっと体を起こすと手で下半身を隠しました。

俺はおそるおそるえりの横に座りました。

何を言っていいかわからず、

頭に浮かんだままの事が口からでます。

「Nとやったの?」

えりは恥ずかしそうにうなずきます。

少し間が空きます。

「俺もやっていい?」

また沈黙が流れました。

「はい。」

その言葉を聞いた瞬間

俺はいっきにえりを押し倒しました。

あせりながらズボンを脱ぐと、

いきりたったものをあそこの付近に押し付けます

が、童貞の俺は

場所がよくわからずなかなか入りませんでした。

「初めてなんですか?」

なかなか入らないのでおかしいと

思ったのかえりが聞いてきました。

はずかしさにかーっとなった俺はさらにあせり、

あちこちに突き刺そうとしました。

そしてついににゅるっとえりの中に入りました。

痛っとえりが悲鳴をあげ、

その瞬間俺はいってしまいました。

どくどくとえりの中で脈をうちます。

出しきってもまだ立ったままだった俺は、

そのまま続けました。

えりは時々顔をしかめたり、

「いっ!」と言う以外ははぁはぁと息をするばかりです。

「うっ!」

そのまますぐにまた俺はいってしまいました。

抜くと、どろっと中から精子が出てきます。

息子にはかすかな血がついています。

俺はどうしていいかわからず、

なんとなく怖くなって、「先もどってるね。」と

部屋を出ました。

部屋に戻ると衝撃的な光景が待っていました。

まゆがNとIの間に座らされ、

その頭はNの股間にあります。

まゆのジーンズは脱がされ、

またの間にIの手が伸びて乱交しているんです

「はよ閉めろ!」

Iの言葉に俺はあわててドアをしめました。

くちゅくちゅとゆう音が部屋に響きます。

「待っとき、まあ見とれや。」

Nがまゆの頭を動かしながら言います。

時々まゆのケホッという声が聞こえます。

「もういけんで。」

IがNに言いました。

「先ええで。」

「ほなお先。」

Iはまゆの片足を持ち上げました。

そしてあさこに腰を押し付けていきます。

何度かやってるうちに中に入りました。

「んんーっ!」

まゆがくわえたまま声のない悲鳴をあげます。

Iはゆっくりと動き始めました。

しばらくすると、先にNがいったようです。

Nの手の動きがとまりました。

抜くと同時にまゆが咳き込み、

口から糸をひきました。

「俺もいきそう・・中でいい?」

「いや!だして!」

まゆは叫びました。

「じゃ口あけて!」

まゆは素直に口をあけます。

Iは抜くとまゆの口へもっていき発射しました。

まゆの口からあごにIの精液が飛びます。

はあはあとIとまゆが息を荒げています。

その時点で、さっきえりの

中に出してしまったことに気づき、あせりだしました

「次お前やれよ。俺もいいいから。」

Nが言ってきました。

俺はえりの事が気が気でなりませんでしたが、

始めからカワイイと思ってたまゆと

Hできるのはこの機会しかないかもと思うと、

結局入れてしまいました。

途中でまゆが確認するように

「外に出して下さいね。」

と言ってきました。

必死に腰をふってた俺

はまゆの言葉に我に帰ります。

「じゃあ俺も口にいっていい?」

まゆはうなずきました。

「いくよ・・・あっ!」

俺は抜くのに失敗し、

中で出してしまいました。

あわてて抜きますがもうほとんど出しきった後で、

残りが何滴か床に落ちます。

「もう出たんですか?」

まゆが不思議そうに聞いてきます。

「ごめん中に出ちゃった・」

「うそ・」

まゆの顔色が変わります。

「ごめんごめん」

俺は必死でまゆのあそこをふきます。

「どうしようー」

まゆは泣き出してしまいました。

俺達三人は必死でまゆをなぐさめました。

結局、横の部屋で普通に歌ってた三人

(なぜかえりも合流してた)とカラオケを出ると、

それぞれ家に帰りました。

Kはその日Iにけっこう無理矢理やられた

まいをなぐさめてただけで何もしなかったようですが、

後日まいと付き合い始めました。

それから一月大分心配でしたが、

えりもまゆも生理がきたと言ってくれ、安心しました。

もしあの時、妊娠してたら

人生は全く違ったものになったと思います

本当に妊娠しなくて良かった・




タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます