予備校で知り合った地味な京大生の女子大生バイト講師とのほろ苦い思い出【エロ体験】 - エロ体験談 官能的なエッチな話告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

予備校で知り合った地味な京大生の女子大生バイト講師とのほろ苦い思い出【エロ体験】

高3のときに大学受験を控え予備校に通っていました。

丁度今日みたいに蒸し暑い季節で
受験生の自分は夏期講習行っていた。

そしてそこで知り合ったバイトの講師の
京大生の女子大生にやらせてもらった。

見た目はガリ勉タイプって訳でもないけど、
やたら地味で顔も十人並みの普通。

この京大のJDもしかしら処女じゃないか?と
処女厨の俺は内心ワクワクしていたけど、
高校の時に彼氏がいて、非処女だと。

ちなみに付き合った経験はその彼氏だけと
言っていた。


でも雰囲気が処女っぽかったので
この女講師とのHは物凄く興奮した。

相手のが年上なのにガチガチに緊張してて
キスだけで恥ずかしがる素振りを見せてくる。

hするきっかけは、妙に隙が覆い女講師だと思って
ちょっかいかけてたら、デートする事になり
そのままラブホって流れ。

当時付き合っている同級生の女の子とも
もちろんHしたが、それ以上にこの先生は初々しかった。

キスだけでさらに体を強ばらせ、
まるで俺がレイプしてるんじゃないか?って
ぐらいガチガチに体を緊張させてんのww

それでスカートの中に手をいれ、生足を触ると
ビクンと体を震わせ抱きついてきた。

太ももを優しく愛撫して、
パンティの上から割れ目をなぞると
「あぁん」と喘いで、それから「恥ずかしぃ」って
演技じゃなくて本気で悶えてるの。

俺はその表情を見て、ついS心に火がついて
嗜虐的に乱暴に抱いてしまった。

前戯中はずっと相手はぎこちなかった

フェラチオも下手くそで歯に当てるし、
ただ咥えているだけだから
「もっと舌使って」とか

つい京大生の女を調教する高3の受験生って
シチュエーションに興奮してしまうw

それかコンドームつけて挿入したんだけど、
久しぶりのHなのか「痛いぃ」って最初は言ってた。

数年やってなかったらしく、
セカンドバージン?って感じ。

そんでフィニッシュする頃には
気持ちよさそうに喘いでいたので、
顔にザーメンぶっかけてやった。

このJDの京大生バイト講師とは
俺が高校卒業するまで続いた。

セフレって感じでもないし、
彼女ってわけでもない微妙な関係だった。

マンツーマンで予備校とは別に
勉強も教えてもらったし、
もちろんエッチもしたけど。

結局、俺が東京の大学に進学する事になったので
若い俺は遠距離恋愛とか自信ないし
無理だし、別れようって事に。

受験のエロくほろ苦い思い出です。

関連記事

コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。