ドMが開花した私はオシリで逝きながら気持ち良くて・・【エッチな話】

27歳のOLです。木村多江さんに似てるって言われます。
Aカップの貧乳ですけど・・何か!?

3ヶ月位前、女子3人で飲んでて、
隣のテーブルの男3人の学生と意気投合して一緒に飲みました。

帰りは、タクシーにB子と
爬虫類系の顔した大人しい草食系男子の21歳の剛君・・綾野剛君にちょっと似てた・・
と3人で相乗りした。

B子が最初に降りて、次は剛君。
剛君に二人っきりになると突然キスされ、「家においでよ・・」と言われ、
思いがけず上手だったキスにうっとりしちゃって一緒に降りて彼の部屋へ。

ちょっと前に彼氏と別れて寂しかったのかも・・。

二人になると超肉食系の剛君。部屋に入るとキスされ・・
うっとりしてる間にアッという間に全裸にされてた。

女慣れしてる剛君。貧乳をねちっこく吸われて・・
クリちゃんを舐められただけで軽く逝っちゃった。
剛君の細マッチョのカラダとは不釣り合いな太くて長いオチンチン。
咥えきれない程だった・・。

「中に出さないからいいだろ?」とナマで挿入された時には、痛かったが、
剛くんが巧みに腰を振ると息も止まるような快感に襲われた。

特にバックで激しく突かれた時には、絶叫しちゃった。

全身を快感が突き抜け・・手でカラダを支えきれなくなり、
ベッドに突っ伏してオシリだけ高く突き出していた。

それでも子宮口ガンガンと突かれて、鋭い痛みが快感に変わり、
襲ってくる今まで味わったことのない快感に怖くなって泣いちゃった。

そして・・パチンと頭のなかで何かが弾けて、急降下して落ちていった。
逝っちゃった・・

何度も逝ってたんだけど最後は失神するくらいの逝き方だった。

ベッドに突っ伏して意識が朦朧としてた。

すると、私のオシリの上に跨った剛くんが・・
私の処女のオシリに・・押し込んできた。

「ぅうううう!うぁあああ!いたい!」と悲鳴を上げ、目が覚めた。
あんな太いのをイキナリなんてひどい!

「ぅううう・・ソコは違う!いやっ!オシリ!」
「オシリなら中に出してもいいだろ?妊娠しないから」
と無理やりおっきなのを押し込んで腰を振り出す剛君。

激痛が背中を突き抜けて、息もできない位苦しかった。
お腹にダイレクトに振動が伝わり、内蔵を抉られるようで。

お構いなしに激しく腰を振る剛君。
「やめて!お願い!オシリはイヤ!」と泣いて懇願する私。

暫くすると・・入ってくる時は激痛が全身を走って、
気が遠くなりそうだったが、出て行く時は鳥肌が立つような
何とも言えない感覚が襲う様になってきて・・
それがいつの間にか痛キモチイイ快感に変わっていた。

途中から泣きながら喘いでいたと思う。

相変わらず激痛はあったんだけど・・
剛くんがオシリの中に出した時には、逝っちゃった・・オシリで・・。

少しお漏らしもしちゃった。

その後・・ドSの本性を表した剛君に2回オシリの中に出されたけど・・
ドMが開花した私はオシリで逝きながら気持ち良くて泣いていました。

今では、6歳も年下の剛君に命じられれば、
何処でも何時でもお尻を差し出す従順な牝奴隷ちゃんになりました。

オシリ好きの剛くんは、パイパンにしたマンコには出してくれません・・
オシリばかりです。
関連記事