出会い系掲示板で知り合った人妻に リアルに出会いHしました!【エロ体験談】 - エロ体験談 官能的なエッチな話告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

出会い系掲示板で知り合った人妻に リアルに出会いHしました!【エロ体験談】

掲示板にいは、34歳とか書いてあって、

人妻とは書いてありませんでした。

だからメールしたのに、途中で

「実は42歳で既婚者です」

とか言い出しました。


でもその前に送られてきた写メが

マジで美人で、とても四十路の熟女に見えなかったんで、

別にイイよって流したんです。

今まで5年ぐらい掲示板使ってますが、

この写メはTOP5に入るぐらいの美人さん。

これは確実にモノにしないと!と、

マメにメールしてご機嫌取りに励みました。

ウソをバラしてからの

人妻さんはとにかく旦那の愚痴ばかりでした。

かなりキツいご機嫌取りでしたが、

メールし始めて2週間ぐらいで

待ち合わせる事に成功したんです。

実際に会ってみても美人で、

42歳という熟した色気がプンプン匂う美熟女でした。

美人なだけではなく服のセンスも良く、

とにかくスタイルもイイんです。

昔はもっと大きなFカップだったんだよ~

と言っていました。

「今はFもないんだ?」

と聞くと、衝撃的な事を言ってきたんです。

「だって子供4人も産んだら萎んじゃうもん」

と。

4人も出産した子供持ちの主婦とHした経験なんて

当然ありません。

聞かなかったけど、

4人も子供がいたとは正直ショッキングでした。

それでも初めてのデートは、

機嫌を取りながら食事をして、

下ネタを交えつつ楽しい時間を過ごしました。

下ネタを人妻から言ってくるので嬉しいんですが、

4人の子持ちですからねぇ。

複雑な思いで下ネタに付き合っていました。

食事の後は普通にカラオケに行って帰りました。

焦って手を出すにはリスクがあるかも?

と警戒したんです。

でも帰ってから

「今日は楽しかったよ」

メールを入れました。

ホテルに誘われないから

嫌われたって思っていたらしいです。

「また会いたいぐらいですよ」

と返して、その後1週間ほどして

2回目の待ち合わせをしました。

それまでにもっと下ネタをメールでしていたので、

もうホテルへ誘う気満々でした。

なんせ

「フェラ好きなの」

とか

「旦那が早漏で欲求不満」

とか言っていたんですから。

「入れてクリを触ると潮吹いちゃう」

「実は今ピル飲んでるんだぁ~」

なんて聞いたら、

もうハメ倒したくなりますよね。

前回同様まずは食事をして、

駐車場の車の中でキスをしました。

待ってました!とばかりに初っ端からアツいキスで、

舌が長いのか口の中をベロンベロン動きまくるんです。

フェラ好きなのは舌が性感帯だから

という淫乱な人妻のキスは、

今まで味わった事のないキスでした。

突き出した舌をフェラのようにしゃぶる子は多くいますが、

この人妻は本当にフェラなんです。

「もっと舌出して」

と言われ、初めて舌を

フェラされてる気持ちになりました。

キスしながら喘ぐ女は初めてでした。

俺は舌をほとんど動かさないので、

それじゃ!って事で巨乳を揉みました。

「乳首もダメなのぉ~ん」

と甘えた声を出しながら、

乳首をコリコリされるといっそうキスが卑猥になります。

萎んだという巨乳はそれでも大きくて、

揉みごたえのある大きさでした。

10分ぐらいでしょうか。

オッパイを揉みながらキスをしていましたが、

「他に行こうよ」

と人妻から誘われました。

それでそのまま近くのラブホへGO!

お互いに会う前にシャワーを浴びてきたという事もあり、

部屋に入ってからスグに絡み合いました。

キスをしながらベッドに押し倒し、

キャミタイプのワンピースを捲り上げて巨乳を揉みまくりです。

シワになるかと服を脱がせると、

4人も産んだ体には見えませんでした。

出産経験のある子って、

お腹に線が入っていたりしますよね。

それがほとんど無いんです。

あのスイカのような線は、

やっぱり見ているだけで萎えますから。

体を舐めながらブラとパンツを脱がせました。

さすがにおっぱいは垂れさがっていて、

乳首は小指の先ほどありました。

その長い乳首はコリコリで、

摘まんでも舐めても感じまくりです。

恥骨の上には陰毛があったのに、

クリの上辺りからは無毛地帯でほぼパイパン

「かなり薄いんだねぇ~」

と言うと

「これでも濃くなった方だよぉ」

と言っていました。

手入れをすると薄過ぎて、

温泉とかに行くと前から

ビラビラが丸見えになんだそうです。

別にビラビラは大きくは無いんですが。

触ってみると大洪水もイイとこで、

アナルにまでおまんこ汁が流れてる状態でした。

クリを舐めつつ指をいれて上部を刺激すると、

それだけで猛烈に喘ぎまくりです。

こんなに感じてくれる人は初めてなので、

自分が上手くなった気分になるぐらいでした。

しかもモノの5分程度でビュッビュッ!と潮を噴き出したんです。

初めて潮を噴かせたんですが、

ちょっとビックリしました。

「出ちゃうっ!出ちゃう」

と言ったけど、こんなに出るとはと。

でもイクのと潮噴きは別物らしく、

その後も少量ずつ潮を出したりしながら感じまくっていました。

指ではイカせる事ができず、

腕がツリそうになったので中断しました。

そしたら俺の洋服を丁寧に脱がせ始め、

風俗でもないのに全身リップの始まりです。

これがまた気持ち良くて、

思わず声が出そうになっていました。

なんせ舌が性感帯なので、

舐めてるだけで自分も気持ちがイイというんです。

俺の乳首を舐めながら喘ぐんですから、

ちょっとビックリですよね。

得意で好きだと言っていたフェラはさすがでした。

吸い込む力の入れ加減や強弱、

舌の動きやシゴく動きも、

今まででダントツのテクニシャンでした。

男に見せるように四つん這いでフェラをし、

しかもケツがクネクネと卑猥に動いています。

気持ち良過ぎて思わず乳首をイジめてしまいました。

するとフェラのピッチが上がり、

イカせようとするかのようなフェラに変わっていったんです。

「むりむりむり」

と強引に口から抜きましたが、

危うくフェラだけでイカされそうでした。

「恥ずかしい」

というのを強引に押し切り、

シックスナインになって互いに性器を舐めあいました。

この方がイカされる心配もないので、

俺はクリ舐めに集中しました。

口の中も気持ち良くてクリも気持ちイイから、

さっき以上に喘ぎまくりです。

遂には腰が変な風に動き、

ブシュワッと潮が噴き出ました。

腰を動かして俺にかからないようにしたようです。

危うく顔がマン汁まみれになるところでした。

いきなり生挿入はちと怖いので、

まずはゴムをつけて入れました。

子供を4人生んでいると言うので、

締まりが悪いのかなと思っていました。

その逆でした。

締まりがイイっていうより、

入口も中も奥も全てが

チンコにまとわりついてくるんです。

なに?このマンコは?と驚くほど、

柔らかいけどムギュッと締めつけられる膣内でした。

入れて少し動いただけで、

旦那さんが早漏だという理由が分かりました。

「今まで付き合ってきた男の

ほとんどが早漏だったんじゃない?」

「なんで分かるの?」

「やっぱり」

「なんでぇ」

「このオマンコ凄過ぎ」

生で入れてたら俺も10分はもたなかったと思います。

ゴムがついていたから、

30分ぐらいは頑張れました。

正常位で下から勝手に腰は動かすし、

騎上位はハンパじゃなかったです。

初めて騎上位でイカされたほど、

腰の動きが猛烈過ぎました。

しかも亀頭に子宮口がグリグリと当たり、

これが異常に気持ちイイんです。

「あたってるっんやぁーっ」

痴女な奥さんも気持ち良いらしく、

凄い勢いで腰を動かしていました。

そのまま騎上位で精子を放出したんですが、

人妻自らがゴムを取ってお掃除フェラまでしてくれました。

彼女のとってはその後処理は

当たり前の行為だったようです。

「数年ぶりにオチンチンで気持ち良くなれたぁ」

と喜んではいましたが、

やはり先にイカされた感たっぷりでした。

これじゃ男として情ない!と思い、

少しの休憩後にクンニを始めました。

「もう終わりかと思ってたのに」

とクンニに喜び、

腕がツル寸前まで頑張りました。

「あっいまっいま入れてっ」

腕が限界に近付いたとき、

人妻が喘ぎながら叫んできました。

既に回復していたので、

今度はゴムもつけずにそのまま入れました。

ベッチョリ濡れていたので

スムーズに奥まで入りました。

根元まで入ると下からガッチリ足で固められ、

小刻みに腰を振ってきました。

キスを求められ応じてやると、

後頭部をガッチリ掴まれた姿勢になりました。

「イッッククッ!」

イキ方がハンパじゃないほど激しかったです。

AVでもあるトランス状態の

アクメ熟女って感じです。

俺の舌をしゃぶっていたので、

舌が千切れるかと思いました。

膣がニュルニュルニュルッと変な風に動き、

人妻は思いっ切りイッていました。

この膣内の動きと子宮口の刺激が

異常に気持ち良過ぎました。

「やべっ俺もイキそう」

「そのままイッてっ」

「中に出してもイイの?」

「イイのっ、おまんこに出してっー」

言われるがまま、

腰をガッチリ固められたまま中出し。

ドクドクと出るリズムに反応するかのように、

人妻は腰を痙攣させていました。

そしていきなり強く抱き付いてきて、

体全体が痙攣し始めました。

チンコが小さくなるまで入れて

抱き合ったままでした。

正確にいえば、

下から抱き付かれたままでしたが。

チンコを抜くと人妻はヨロヨロと起き上り、

萎えたチンコをお掃除フェラし始めました。

刺激するようなフェラではなく、

舌先などを丁寧に使った本当に掃除のフェラです。

くすぐったくなりヤメさせてから、

足を開かせて中出ししたマンコを見ました。

ドロッとした精子がアナルまで垂れていて、

指を入れるとプクプクと溢れ出てきました。

お風呂で洗っても精子が時々流れてくるらしいので、

置いてあったナプキンをあてがって帰りました。

かれこれこの痴女なアクメ熟女とは、

10回以上は会って

中出しセックスをしています。

会ってすぐに運転席に座ったままフェラしてもらい、

軽く食事をして即ホテルに行くパターン。

名器すぎるので途中からはオルガを使う様になりました。

ただイクのはオモチャではなくチンコがイイと言うので、

イキそうになると入れてくれと懇願されます。

もう高校生になる子供がいるっていうのに、

性欲は果てしなく貪欲な人妻です。

おかげで俺の性欲は

いつも良い状態をキープしています。

ただ淫乱でスキモノの奥さんじゃ~

旦那さんは厳しいだろうな~って思いますねぇ。

自分でもたまに会うぐらいが丁度良い感じで

あの人妻が自分の嫁だったら、腹上死してしまいますよw


関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。