同棲していた彼女とド変態プレイした話【エッチな話告白】 - エロ体験談 官能的なエッチな話告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

同棲していた彼女とド変態プレイした話【エッチな話告白】

見たのではなく見られたんだが。

大学時代、1人暮らしの彼女の家で半同棲のような生活をしていた。

彼女のスペック

19歳、色白、セミロング、150くらい、おっぱい、隠れドエロ

今AKBで適当なの探したら、村山彩希って子にクリソツ。


羞恥もののが好きだった俺は、

よくカーテン全開セックスとかノーブラノーパン浴衣で

お祭りとか色々やってた。

で、ある日ピザを注文したときに、

とあるAVの真似をして彼女をバスタオル一枚で

受け取りに行かせた。

持っている中で一番薄手で確か黄色のバスタオルを、

あえてユルユルに巻いて向かわせた。

チャイムが鳴って、インターホン越しに男の声が聞こえたので

女配達員じゃないことを確認できた。

無駄に恥ずかしがる痴女を玄関に向かわせる。

俺の靴は片付けてある。髪は濡れていない。

友人が遊びに来る前にシャワーに入ろうとして、

全部脱いだところで意外に早く

ザーピーが到着した設定だった。

俺はベッドにいながら、わざと玄関が映るように置いた姿鏡越しに観察。

俺のゴーサインで向かった彼女が「はーい」

と無駄に可愛く返事をして扉を開けると、

そこに立っていたのは4年生のゼミの先輩だった。

先輩のスペック

23歳、ちょいデブ、メガネ、DT、彼女いない暦=年齢、

彼女欲しいオーラがすごく飲み会では無駄にコール(勝手に盛り上がる)

コミュ力は間違った方向に高い、

構内ですれ違っただけでも長話を吹っかけられる、

一時期ロンゲにしたが一蹴され断髪の過去を持つ猛者

彼女は初対面だった。

先輩は明らかに興奮しており、日本語もおかしくなってる模様。

「おまおまおまたせしますいあgじfgfdlglかg」とかなんとか言ってる。

で、商品を脇の棚に置いてお待ちかねのお会計タイム。

お待ちかねというか、

あらかじめお金は用意してあったのですんなりそこで終了の

はずだったんだが、アホの23歳のおかげでお楽しみタイムに発展した。

アホは動揺してるのせいか、よりによって小銭を床にばらまいてしまった。

彼女は人がいいので、とっさにしゃがんで小銭を拾い始めた。

と、そのときである…!

タオルの上部がハラリ。鏡越しなのでこちらからは見えないが、

恐らくパイオツを晒している。

その証拠にアホがあからさまに上から覗き込んでいる。

彼女は立ち上がるときになって気付いたのか、

片手でタオルを押さえて愛想笑いをしている。

お金を渡して、

アホが「またおねがいあrふぁひうfぐふじこふじこ」と言って帰ろうとした

そのときである…!!

エロ心に火がついたのか、

彼女はお辞儀と同時にタオルを床に落とした。

アホは直視できないけど見たいという葛藤の中で、

名残惜しそうに去って行った。

痴女は戦利品を持ってタオルを巻き直して部屋に戻ってきた。

無駄に可愛い満面の笑み。作戦が成功したことで満足したらしい。

「興奮してきてタオル取っちゃった」

と武勇伝を話しているあたり、やっぱり変態なんだろう。

知らない人だしもう会うことないだろうと大胆になったらしい。

でもね、あの23歳は君のこと知ってるんだよ。

配達員が俺のゼミの先輩であることを教えてあげると、

彼女は「シニタイシニタイ」と

意味不明の呪文を唱え始めた。

ピザを食べて彼女も食べたあと、先輩からメールがきた。

なんか回りくどかったけど要約すると、

「久しぶりに俺んちで宅飲みしようぜ☆せっかくだし彼女も連れてこいよっ☆」

という内容だった。

完全に下心あるのバレバレなんですけどーw

後日、嫌がる(フリの)彼女を連れて宅飲みに出陣。

メンツは、俺、痴女、アホ、俺の同級生♂、♂の彼女、俺の後輩♀の6人。

痴女以外みんなハゲと面識がある。

ハゲは彼女と初対面である体面を保とうと脂ぎっていた。

彼女も表向きは大人しい清楚系なので、

「あ、どうも…」みたいな感じで愛想笑いをしていた。

後輩♀がそろそろ帰るというので、

同級生♂とその彼女が駅まで送りに行った。

痴女は酔っぱらってて、面白いことになるなと思った俺は

ちょっと介抱するフリして

一緒にトイレに行った。

そこで、彼女にハゲを誘惑するよう指令を出した。

ヤバくなったら起きて止めるからと。

そして、下着を没収しまた部屋に戻ったら、ハゲはゲームをしていた。

彼女をソファに寝かせて、

gdgdな空気に乗じて俺も床に転がる。

彼女は暑いと言ってカーデガンを脱いだ。

キャミソールとスカートだけを身にまとった痴女がそこに完成した。

もちろんB地区のポッチがはっきり見えているので

ハゲが黙っているわけがない。

彼女が寝ていることを確認したハゲは、

おもむろにスカートを触り始め、

そしてちょっとめくった。

このとき、彼女はリアルに寝ていたらしい。

彼女がノーパンノーブラであることを知ったハゲは大興奮のようで、

キャミもめくって念願の丘を2つ発見した。

触ろうとしたが起きたらまずいと思ったのか、写メを撮り始めたw

彼女はガン寝しているので気付かない。

仕方がないので、5枚くらいシャッター音が鳴ったときに

俺はあくびをして起き上がった。

「あれw先輩何してんすかww」

「あーあー、こんなにしちゃってww写真まで撮ってwww」

ということで、ゲームセットなので、彼女の服装を直し、

ハゲの携帯の写真を削除し、

何事も無かったかのように彼女の家に帰宅した。

同級生カポーは結局戻ってこなかったらしい。

そんな変態痴女が、今の妻です。


関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。