エロ体験談 官能的なエッチな話告白

PR

亀頭が入り グーッと奥へ侵入する【エロ体験】

俺の部屋には小さな冷蔵庫があって その中に当時マイブームだった カクテルバー(瓶)がぎっしり入ってた

冷蔵庫からそれを取り出し飲んでると 彼女がそれ美味しいの?と聞くから
「うん最高!」

と答えた すると

「一口飲みたーい」

と俺がゲームしてる最中勝手に飲んだ

「…美味しい!これジュースじゃん!」

恵と弘子ちゃんにも進め 2人は え~!?と言いながらも一口飲んでみる

「ホントだ 美味しい」

とか言うもんだから 彼女が調子にのり

「色々種類あるんでしょ?
他のも飲ませて」

と催促 俺はそんな一気に飲まないから 次のはまだダメ と言うと

「じゃ全部飲むから 1本ちょーだいよ 飲みたいよねー!?」

と他の2人にも意見を求める

返事を渋ってると ゲームで勝負して勝ったらいい というルールを勝手に作り 勝負することに

みんなで対戦出来る
<ボンバーマン>をしてたから 内心このゲームじゃ負けることはないと思っていた

でもそれは彼女も分かってるんでハンデをつけられた
勝負は3勝勝ち抜け

彼女 恵 弘子ちゃんは3人チーム

いざゲームスタート!

なんのことはない ものの数分で2勝

「相手にならないって」

「ちょっとタイム!」

そう言うと3人でコソコソ話しだした

でゲーム再開

スタートしたとたん 1人が爆弾を投げてくる!?
あっさりやられた…

「きったね~」

「いいじゃん別に」

と3人とも笑ってる

ゲーム再開したが 今度は2人同時に投げてくるからかわせない…

気づいたら逆転負け

冷蔵庫からどれにしようか? とガチャガチャさせ選んでるとな思ったら 1人1本づつ手に持ってる
「3人で1本じゃないの!?」

「そんなの言ってな~い」
3人でカンパイし それぞれ回し飲み…

「酔っぱらっても知らないぞ?」

「ジュースだから大丈夫!」

1本飲んだら又1本
そんな感じで夜中には冷蔵庫が空になり トンでもないことになった

もう 3人とも顔は真っ赤で彼女は半分眠りかけている

そんな時に弘子ちゃんが 気持ち悪くなって吐きそうだと言うから 心配した恵が洗面所に連れていこうとしたけど フラフラして立ち上がれない…

代わりに俺が連れていくことに 弘子ちゃんもフラフラしてたから 手を握りリードしてやる

[すっげ 柔らかい]

思わぬ役得にドキドキしながら 洗面所へ

上手く吐けないみたいで 背中をさすってやる

吐き終わってから口を水で洗ってた弘子ちゃんが動こうとしないんで 覗いたらそのまま眠ってた

何故かドキッとし とりあえず床に座らせる

まずいなぁと思いながら
[もしかしたら悪戯出来るかも?]

と思い 弘子ちゃんを起こす振りしながら 後ろにまわり腕を抱え 服の上から両手で軽くおっぱいを触った

「弘子ちゃん 大丈夫!?」

「…う~ん…」

と気のない返事だけで 胸を触ってることに気づかない

[これは完全にいけるパターンじゃん]

2階では恵が1人で起きてるので 心配させたらマズイと思い 弘子を抱え部屋に戻った


「…弘子ちゃん …大丈夫!?」

恵は起きてたがだいぶ酔ってる

ホントは違う部屋を3人に用意してたが もう移動は無理っぼいので 俺の部屋で布団を敷いてあげ 弘子ちゃんを寝かせる

続いて彼女を抱え 弘子ちゃんの隣に敷いた布団に寝せた

恵はまだ起きてたんで 動けるから俺のベッドで寝むりなよ と補助してベッドへ

俺は片付けとかするから まだ起きてると言って とりあえず座り飲みかけのカクテルバーを飲んだ


何分もしないで 恵も眠ったようで 眠りについた3人を見ながら この後どう行動するか慎重にかんがえた

最初に思いついたのが 元々TVのボリュームがおおきかったんで 写メを撮ってもバレないだろうと
現在 眠ってる姿を1人づつ 何パターンか撮った

[やった!]

全然気づかない もっといける と俺は更に大胆な行動をとることにした

彼女が1番カクテルを飲んでたんで ちょっとやそっとじゃ起きないのは確実で だらしなく寝ている
弘子ちゃんも多分大丈夫だろう

恵は フラフラしてたがどうだろ もう少し熟睡してから悪戯したほうが無難か…

そこで俺は このチャンスを逃したら 二度と悪戯出来ないと思う 弘子ちゃんに悪戯することにした

面識はあるけど そこまでよく知らない恵の友達…異常に興奮していた

なぜなら 寝てるとはいえすぐ側いる彼女と恵の前で 悪戯するんだ

フローリングをギシギシ歩くが TVの音がうるさいんで気にしない

弘子ちゃんの横に座る

ショートカットの髪を何度かそっと撫でた さらさらしてる

ドキドキしながら左の頬を撫で人差し指で唇に触れ 下唇をプニプニしてみる 柔らかい

心臓がスゴいバクバクしてたけど無性にキスがしたくなり 体を覆い被さるようにして軽くキスした

起きない大丈夫…

さっき触れた胸の感触を思いだし そっと胸に触れる小さめなおっぱいだが 贅沢は言えない(笑)

弘子ちゃんの顔を眺めながら しばらく左乳を軽めに揉んでたけど 全然起きそうな気配がしないのでTシャツを捲ることにした

下の方をつまみ上げ 上に引っ張るようにしてブラが見える所まで捲る

大きめのTシャツだったんで簡単に出来た

白の普通っぽいブラは弘子ちゃんのイメージ道理かな?

ブラの上から両乳を揉んだ

調子づいた俺は ブラの隙間から指で乳首に触れる

起きないことを確認すると 乳首を指で何度も転がし摘まんだりした

すると 弘子ちゃんの乳首がプクッと立ったのが分かった!

[寝ていても感じるのか?]

大興奮の俺は 下の方もいってみることにした

右手でおっぱいを揉みながら 左手でジャージの上からアソコに触り 中指でなぞるように上下させた

もう止まらなくなった俺は ジャージを脱がそうと体の位置を変え ジャージの左右を持って下げようとしたが腰に引っ掛かり下がらない?

あれ?と思いながら調べてみると 真ん中を紐で縛るタイプだった

紐をほどき 左右に引っ張ると結構緩くなった気がしたんで 再びジャージを下げた

お尻の所まで慎重に下げパンティの下が見えた所で 太ももの中間くらいにスルーッとジャージを下げる

パンティもブラとお揃いの白だった 半分脱がせたこの状態で全身の写メを撮る

写メを録りながら 脱がせたジャージを履かせるのは大変そうだな…と考え何を思ったか どーせ酔ってるし3人とも下履いてなかったら不思議に思わないかもと3人とも下を脱がせたら履かせないことにした

とりあえず弘子ちゃんのジャージを足先まで下げ 完全に脱がせた

弘子ちゃんをそのままにし 隣の彼女側へ移動

いつものゴムパンだったんで 少し強引にグイグイ下げて脱がせた

彼女の場合はバレても誤魔化せると思い大胆だった

Tシャツ姿に下は 青のフリル付パンティ…

その姿も写メで撮る

弘子ちゃんと同じようにシャツを胸まで捲り ブラも上に捲りあげる

大きい胸を揉み 乳首を転がしても 舌で舐めたりしても全然平気で やはりビンビンに立った乳首を見て 寝ていても感じると確信

挿入しても起きないかも!?と思えてきた

彼女と弘子ちゃんは隣どうしだったんで この姿を仲良くツーショット(笑)

ガチガチになったアソコを抑え 今出して萎えたら勿体ない(すでに覗きの時2回出してたから自信がない)と思い 恵の所へ移動する

俺のベッドに眠る恵…

短パンから見える生脚がたまらない

興奮するのを落ちつかせるように 深呼吸しベッドに腰かける

太めのパイプベットだから 2人乗ってもびくともしない

弘子ちゃん以上に 慎重に熟睡を確かめる

壁側に体を向けて(左向き)寝てたんで 右乳を揉みシャツを捲り 薄いピンクのブラも捲ろうとしたが難しい…

ちょうど目の前にブラのホックがあったんで ドキドキしながら両手で外す

解放されたブラの隙間から恵の生乳にふれる

感動と興奮は 更なる刺激を求めた

乳首が立つまで刺激し ツンと立つと 下を脱がしにかかる

ピッタリした短パンだったが 幸い恵が横向きだったんで、ふっくらしたお尻の下まで何とか下げてやると後は簡単に脱がせた

薄いピンクのパンティは恵にお似合いだった

そのままお尻に触り、揉んだりした後

体の向きを仰向けにし ブラを捲りあげた

他の2人同様 写メを録り 目の前のあられもない姿の恵を見て 続けて悪戯することにした

ピンと立った乳首を舐めながら パンティの上からアソコを指でなぞったりして 俺も下を全部脱いだ

固くなったアソコを恵の右手に握らせしごく それだけでいきそうになりやめる

可愛い恵の顔を見たら キスしたくなり舌で舐めキスする

思いきって 俺のチンポを恵の唇まで持っていき 軽くキスさせたりしてたらガマン汁が溢れてきたんで 唇に塗ってやった

フェラさせたかったが口を閉じてたので断念し恵の顔と俺のチンポでツーショット

次にゆっくり 恵の脚を開脚させパンティ越しにアソコを刺激

執拗に責めてたらパンティに染みがついたんで

[感じて濡れてきた!]

とパンティの裾をめくり 生マンコを拝見

[うわ~スゲ~]

興奮した俺は 続けて中指をはわせ上下させた後

ゆっくり挿入してみる 恵のヌルヌルのマンコは 俺の指をスルッと受け入れた

[ハァハァ…]

もう夢中で 指を出し入れし抜くと 指とマンコが愛液の糸で繋がってる

それを舐める 少し酸味がしたが悪くない 今度は指2本挿入して クチャクチャ音が出るほど掻き回してやった

恵の脚をM字にさせ開き パンティの裾を捲ったまま 直に舌で舐めクンニした

もう挿入したくて堪らなかったが我慢した

興奮を抑えるため 一旦悪戯を中止しベッドに座る

少し落ち着いた後この状態で挿入したら すぐ出て中だししたらヤバいし 腹に出すにしても後の処理が大変そうだと思い、どうにかしようと引き出しからコンドームを探した

薄いコンドームを見つけ握りしめる

これで少しはイクのを遅らせようと考えた

だいぶ気持ちが落ち着いた所で 立ち上がり部屋を見渡す

女の子が3人 ほぼ裸で寝ている 改めてスゴい状態だと実感した

その中で 弘子ちゃんだけ生おっぱいが見えてないことに気づく

[そういや パンティの中身も見てないし悪戯もしてないや]

最後に恵に 挿入して最高の射精をしようと思ってたけど 弘子ちゃんへの悪戯はこれを逃せば 二度とないだろう

再び弘子ちゃんの布団にいき ブラを捲る

おっぱいは小さいけど 綺麗なピンク色の乳首

両方の乳首を指でさすって刺激し立たせる

続けて口に含み吸ったり 舌で舐めて転がして堪能する

恵の時みたいに 弘子ちゃんの手を掴みギンギンになったチンポを握らせしごく

となれば やっぱ口にもキスだろう…

早速 唇にキスさせようと思ったら 何と口が半開きになってる

これはチャンスとチンポの前に キスして舌を絡めディープキス

[エロい エロすぎる!]

俺はハァハァ言いながら チンポを口に近づけ 唇にキスさせると 溢れだすガマン汁を口の中に垂らす

味わったことのない快感? 征服感?をここで味わう

半開きの口にヌルヌルのチンポを挿入した

歯に当たり少し痛かったが 奥まで入れないようにして腰を動かす

すっかり満足した俺は 下半身を悪戯することにした

パンティの上から指で刺激してると やっぱ違和感あるよな?と感じたんでパンティの裾をめくり中身を確認してみる

…と パンティの内側に薄手のナプキンが張り付けてある

[これで何かゴワゴワしてたのか…弘子ちゃん下の毛多かったからこんなもんだと思った(笑)…]

待てよ~…ナプキンをよく見ると血がついてた

初めてみたよ…アソコはどうなってんだ!?

と俺は退くどころか逆に大興奮!!

パンティを捲ったまま 指でマンコに触る

温かい!中は!?

中指を入口に近づけるとすんなり入った

中はかなり温かい

入れた指を抜いてみると やはり血がついてた

[うわ~ 血がついたよ]

ティッシュを取りにいき きれいに拭く

拭きながら 誰かが言ったことを思い出した

確か 生理の時は妊娠しないとか言ってなかったっけ?

そんなことを考えてたら だんだん 弘子ちゃんに挿入してみたくなった

そこで布団に血がつかないように 下にタオルを敷くと 弘子ちゃんのパンティを下ろし脚を開かせる為 片脚だけ脱がせた

脚をM字開脚させ ふさふさの毛を触りながら 親指でマンコ拡げ写メを撮る

指でクリを刺激したり 挿入したりして十分ほぐした後 用意していたコンドームを装着した

チンポを弘子ちゃんのマンコにあてがい上下させ ゆっくりと挿入していく…

亀頭が入り グーッと奥へ侵入する

中は温かく 十分ほぐしてたがかなりキツく 一度じゃ根元まで挿入出来なかった

両手を弘子ちゃんの両膝におき ゆっくりと小刻みにピストン…

[チャッ…クチャッ…]

やらしい音とともに 弘子ちゃんの毛を捲き込みながら チンポが出し入れされる

その様子を見ながら グッと腰を入れ 根元まで挿入する

[ハァハァ根元まで入ったよ]

ピストンの速さはゆっくりだが 幅を広げ大きく腰を動かす

かなり気持ちいい

もっと気持ちよくなりたいと チンポを抜きコンドームを外した

生チンポを再び挿入する

感覚が全然違って最高だった

弘子ちゃんの太ももを掴み 何度か激しく突くとイキそうになり チンポを根元まで挿入させ思いっきり中だし!!

[ドクッドクッ]

中だしは初めてで最高の瞬間だった

チンポは脈うちながら 最後の一滴まで絞り出す

完全に射精し終わるまで挿入したまま 弘子ちゃんを見ながらおっぱいを触る

そして ゆっくりとチンポを抜き取ると ドロ~ッと間髪いれずに血が混ざった精子が溢れてきた

[スゲー…]

手を震わせながら写メを撮る

お尻まで伝った精子をティッシュで拭き取り ドロドロのマンコもきれいに拭いた

下に敷いたタオルで萎えたチンポを拭き 弘子ちゃんに服を着せる

興奮がおさまり 冷静になってくると罪悪感が込み上げる

だんだん バレるんじゃないか?とマイナス思考になっていき 下も履かせ3人とも服を着せる

1人別室で寝ながら 最高だったけど恵に挿入しなかったことを後悔した

次の日 全員昼過ぎまで爆睡

俺は3人に顔を会わすときビクビクしていたが頭痛いとか具合悪いとか言うだけで 悪戯は全くバレてなかった

その後 弘子ちゃんに悪戯する機会はなかったんで 結果的にあの時 弘子ちゃんに悪戯してて正解だった

オナニーをするときは 弘子ちゃんの画像で抜くことが多かった(笑)

残念なことに恵への悪戯も 定期的にしてたが挿入するほどのチャンスはなかった

しかし 本当の楽しみは彼女(現在の嫁さん)が 高校卒業して 二十歳前(恵は高3)に俺と結婚(出来ちゃった婚)してから訪れるのだった
タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます