エロ体験談 官能的なエッチな話告白

PR

声優とSEXしたら喘ぎ声がアニメ声だったwww【エッチな話告白】

ある声優と肉体関係を持った。

自分はあまり声優に詳しくないんだけど、
今じゃそこそこ成功しているみたい。

出会いは、大学の3年の時、
当時クラブで知り合ったセフレのダンサーの女から紹介され、
(当時この他にもセフレが一人いたw)

「金銭のやり取り無しで、
平日昼間に時間取れるセフレを募集してる人がいるけど、
会ってみない?」

と言われた。


親の金で遊んでるバカボンだった俺は、
とりあえず酒と女以外興味ない猿丸出しだったから、
ほいほいその誘いに乗った。

実際会ってみたら、華奢だし肌は綺麗だしスタイルいいし、
実年齢聞いても10近く下にしか見えない人だったし、
セクロス目的だから余計なやり取りもなかったので、
会ってすぐにホテル直行。

キスしようとしたら、

「キス嫌い、キスマークNG」

と言われたので、昭和の風俗嬢かよと思いながらも、
クンニでグチョグチョにしてからやりまくった。

声を出さないというか我慢していて、
我慢できずに漏れるって感じの喘ぎ声に興奮した。

あそこの締まりはそこそこだったけど、
よく濡れるし、カズノコ天井ってのか、
腹側にビッシリひだひだが揃っていて気持ちよかった。

体の手入れしてるみたいで、
汗かいても良い匂いするし、アソコも無臭だった。

2時間で3発キメて別れたけど、ベタベタしてこないし、
メシ食おうなんて事もなく、週に1回か2回、
会えない時は月に1回、2時間程度やるだけの関係だった。

セフレになって1年ぐらい経った頃、
丸一日休みだから時間取れないかと言われ、
もちろん遊び歩いてた俺はOKして、
朝から晩までやりまくった。

俺のは長さも太さも正直大した事ないけど、
馬鹿みたいに反り返っている。

それから、
他の男のと比較した事ないが硬いらしい。

名前はまずいからYとしとくけど、
Yと正常位や対面座位でやると、
彼女の良いトコロが擦れるみたいで、仰け反ってイキまくった。

この日もネチネチ対面座位でやっていて、
奥まで入れてもいつも根元が余るぐらいだったんだが、
いきなり根元まで入った。

Yも驚いたみたいで、慌てて

「奥来すぎ・・・抜け!抜け!やだ!抜いて!!」

と泣きながら声優ならではのロリボイスで仰け反り、
痙攣しながらイキまくった。

その後もイクの止まんなくなったみたいで、
泣きじゃくりながら仰け反っていたけど、
途中で体の力抜けたみたいになって抱きついてきた。

しゃくり上げながら喉の奥で呻いて、
涙でグチャグチャになった顔で睨んできたけど、
両手両足でしがみついて腰をこね回してきたのがエロかった。

「こんなおばちゃんめちゃくちゃにして何がしたいのよぉ」

そう言いながらキスしてきた。

キス嫌だって言ってて今まで1回もした事なかったからビビったけど、
舌を絡めながらやりまくるのは気持ち良かった。

その後も会う回数は変わんなかったけど、
たまにキスさせてくれるようになって、
3か月に1回は生でさせてくれた。

最後の1年は、彼女が忙しくてあんま会えなくなり、
この辺りで声優って仕事やってるって聞いた。

変な時間に会ってたし、肌や服や靴に金かけてたし、
普通のOLじゃないなと思っていたけど、

「声優と言われても」

と困惑していたら、

「それはそうだよね」

と苦笑された。

去年のYの誕生日にホテル呼び出されてやって、
その翌週に丸一日やって、次の日に別れた。

別れたって言ってもセフレなんですけどね。

不思議なくらい未練とかなくて、今でもたまにメールしてる。

どこそこのメシが旨いとか、
あそこのブランドの招待状手に入ったとか、
そんな程度のやり取り。



タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験談 官能的なエッチな話告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます